いまここ

0728413558 営業時間:9:00~18:00 (日祝日休み)
facebook

本日はクリスマスイブで今年も残り1週間となりました。

皆さん今年はどんな年でしたか?
今年は、世界的にも大変な1年となりましたよね。
コロナウイルスの大流行、
それに伴う倒産、失業、世界的な経済の大失速。。。
東京オリンッピクの延期等など
ワクチンに目途がたったとはいえ、
不安で不安定な日常が続いている方も
多いと思います。
今日は折角のクリマスイヴですが、
ソーシャデイスタンスを考え
パーテイーも自粛なんて方も。。。
コロナウイルスとの付き合い、これはずっと続くかも知れません。
長い付き合いですから皆様も油断せず、
手洗い、うがい、マスク着用などでしっかり予防して下さいね。
私は現在50代ですが、年を重ねるたびに1年が短く感じています。
1年が早く感じる理由は「ジャネーの法則」という心理的現象によるものだそうです。
簡単に言えば生涯のある時期における時間の心理的長さは
年齢の逆数に比例する(年齢に反比例する)。
例えば、50歳の人間にとって1年の長さは人生の50分の1ほどであるが、
5歳の人間にとっては5分の1に相当する。
よって、50歳の人間にとっての10年間は5歳の人間にとっての1年間に当たり、
5歳の人間の1日が50歳の人間の10日に当たることになる。
(引用元:ジャネーの法則 ? Wikipedia)
ジャネーの法則を知った次の話題は、それを知った上で、
体感的に長く生きる方法でした。
それは、新しいことに挑戦したりすることらしいです。
心理的なドキドキやわくわくや充実?が必要なのかな。
身になることを多くすると、
今年こんなことがあったなぁ、
と1年が体感的に充実してたぶん長く感じる気がする。
それが”生きたように生きる”と”死んだように生きる”
の違いなのかなーって思いました。
だから、歳をとるごとに体感的時間が早くなっても、
毎年新しい年、毎日新しい一日、
って思って大切に過ごせれば良いなと思います。

by いまここメンバー