いまここ

0728413558 営業時間:9:00~18:00 (日祝日休み)
facebook

インフルエンザと風邪の違い

一般的に、風邪は様々なウイルスによって起こりますが、
普通の風邪の多くは、
のどの痛み、鼻汁、くしゃみや咳等の症状が中心で、
全身症状はあまり見られません。
発熱もインフルエンザほど高くなく、
重症化することはあまりありません。

一方、インフルエンザは、
インフルエンザウイルスに感染することで起こる病気で、
38℃以上の高熱、頭痛、関節痛、 筋肉痛など
全身の症状が強いのが特徴で、
併せてのどの痛み、鼻汁、咳などの症状も見られます。
さらに、気管支炎、肺炎、子どもでは中耳炎、
熱性けいれんなどを併発し、重症になることがあります。

特に高齢者、呼吸器や心臓などに慢性の病気を持つ方は、
インフルエンザそのものや、
もともとの病気が悪化しやすく、
死に至る原因となることもありますので、
十分に注意する必要があります。
また、近年、幼児を中心とした小児において、
まれに急性脳症を起こして死亡したり
後遺症が残ったりすることがあることが明らかとなり、
原因の解明や治療法の研究が進められているそうです。

インフルエンザになると長期で会社を
休まないといけなくなりますし、
悪化すると死に至ることもあります。
皆様も手洗い、うがい等をしっかりし
インフルエンザ予防に努めましょう。

by いまここメンバー